令和4年

  •  6月7日(火)、自民党本部において「森林を活かす都市の木造化推進議員連盟総会」(令和4年第2回)が開催されました。
     吉野正芳会長の挨拶に続き、協議会の本郷浩二事務局長から協議会の具体的な要望内容についての説明、林野庁、国土交通省から要望に対する政府の推進状況等についての報告が行われました。続いて、事業者ヒアリングとして、栃木県の二宮木材株式会社・二ノ宮泰爾取締役専務及び神奈川県の株式会社青木木工務店・青木哲也代表取締役の2氏から発表があった後、これらを踏まえた熱心な意見交換が行われました。最後に、議連幹事長として駆けつけて下さった金子恭之総務大臣から閉会の挨拶がありました。(資料:次第・出席者名簿二宮木材㈱資料㈱青木工務店資料
  •  8月4日(木)、自民党本部において「森林を活かす都市の木造化推進議員連盟総会」(令和4年第3回)が開催されました。
     吉野正芳会長及び金子恭之総務大臣(議連幹事長)の挨拶の後、小島裕章林野庁木材利用課長から、「木材利用促進月間(10月)に向けた取組等」の説明に続き、林野庁及び国土交通省から協議会からの要望事項に対する政府の推進状況等についての報告(2回目)が行われました。
     次いで、事業者ヒアリングが行われ、山形県の株式会社シェルターの安達広幸(あだちひろゆき)常務取締役及び東京都の株式会社大林組の岡有(おかあり)営業総本部プロジェクト推進部兼木造・木質化建築プロジェクト・チーム担当部長の2氏が発表しました。
     さらに、島田泰助(一社)日本林業協会会長から、去る6月1日に森林・林業・木材産業関連7団体による「共同行動宣言2022」の説明の後、質疑応答に入り、予定時間を大幅に超過して盛会のうちに終了しました。(資料:次第・出席者名簿協議会の具体的要望㈱シェルター資料㈱大林組資料共同行動宣言2022
  •  10月6日(木)、自民党本部において「森林を活かす都市の木造化推進議員連盟総会」(令和4年第4回)が開催されました。
     吉野正芳会長及び金子恭之総務大臣(議連幹事長)の挨拶の後、これまでの議論の整理として鈴木憲和事務局次長から、「森林を活かし都市の木造化を推進するための方策に関する要望書」に関する主なご意見についての説明に続き、木材利用促進本部の林野庁、国土交通省、総務省、文部科学省、経済産業省、環境省から令和5年度都市木造化関連概算要求の状況等について報告が行われました。
     次いで、意見交換に入りましたが、朝8時からの総会にもかかわらず多くの議連が出席され、盛会のうちに終了しました。(資料:次第・出席者名簿「森林を活かし都市の木造化を推進するための方策に関する要望書」に関する主なご意見

ページの先頭へ戻る